HTプリンセス・ド・モナコ

ガラス細工のような花びら

S__mg_4475_2
気温が下がるにつれて、透明感を増していく花びら。。

〜*〜*〜*〜

皆様、ご無沙汰しております。。m(_ _)m

実は試験勉強のため、一ヶ月ほどお休みしておりました。

かなり根を詰めたので、ぐったりしておりましたが、

ようやく回復してきました。薔薇のお世話もブログと共に復活です。

でも写真だけは撮っていたので、

少しずつアップしていきますね。o(*^^*)o

〜*〜*〜*〜

写真は11月中旬のプリンセス・ドゥ・モナコです。

雨の日に、室内のガラス越しに撮ったお写真。

モナコ姫はやはり寒くなってからが

美しさもひとしおです。(〃∇〃)

まるで<精巧なガラス細工>のような花びら。。

この光線の加減による透明感は

この時期にしか見られません。。

私は昨年、この薔薇の姿を見て、

薔薇街道へまっしぐらになったのです。。

あまりに綺麗なので、この時期になると、

モナコ姫がやはり一番美しい!と思ってしまいます。

S__mg_4467
別の角度からもう一枚。光線の加減で

透明度が増して見えます。

まるで透き通っているかのよう。。

巨大輪で、14cmあります。

寒くなってから、花保ちも大変良く、

このお写真は開花後、6日目です。

最近、時間がなくて消毒を全然やっていないので、

少しうどんこにかかり、葉がちゃんとはないのですが、(#^.^#)

お花は見事に咲いてくれました。

12月に入っても、まだ咲いています。

あと、蕾が1つ。。開きかけの蕾は2つ。。

S__mg_3616
こちらは若々しいモナコ姫

9月初めの頃のお写真です。

天気の良い日に、上手く撮れた一枚。

花弁がずいぶんと分厚くてしっかりしていますよね。

花弁の質も、どちらかと言うと、磁器のようです。

気温が下がると、磁器から乳白色のガラスへと

花弁の質が変化していくみたいですね。。

生命の神秘を感じます。

薔薇を育てていると、色々なことに

敏感になっていく気がします。

色彩や特に香りに関しては、

非常に感度が高くなり、自分でも驚いています。

りんごや蜜柑の香り、お茶の葉も

クンクンするようになりました。。

薔薇の存在が、私に何か良い変化を

もたらしてくれているみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バラ プリンセス・ド・モナコ やはり美人

S__mg_2794
モナコ姫がとびきりの美人に咲いています。

いつもこれほどの美人にはならないのだけれど、

時折、目が釘付けになるほどの

美しいお姿を魅せてくれます。

S__mg_2806
覆輪のピンクが鮮やかに発色して

艶やかなお姿のモナコ姫。

この角度だと、ふっくらした感じが出ていて

可愛らしい。

S__mg_2818
香りも素敵なんです。

中香なのですが、なんというのか

これまた美人の香りがします〜。

最近、梅雨で天気が良くないのですが

この時期になってなぜか、

モナコ姫が美しく開花してくれるので

心も少し晴れた気分になるのです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

バラ プリンセス・ド・モナコ

Sany0174
Sany0173
グレース・ケリーが愛した薔薇

あの上品な美しさで知られるグレース・ケリー(故モナコ公妃)が
とても気に入って、この名前になったというエピソードのある
ハイブリットティーローズです。

これは、2006年秋に撮影したものです。
私が昨年2番目にお迎えしたモダンローズで、
なんと真夏の八月に、ネット注文をして新苗で我が家にやって来たのです。

何しろバラを始めたばかりで何も知らず、
こんな時期に植え付けを行ってしまったのです。。(*^_^*)

真夏のお花は桃色も薄くてそれほど綺麗ではなく、
写真と違う、、と思っていました。
幸運なことに、苗はとても良いものでした。

ところが秋になってから、
本当にお姫様のような薔薇が咲いたのです。

柔らかで可憐な美しさを持つ、まるで妖精のような薔薇が開花し始め、
私を虜にしました。。もうベランダから離れられなかったほどです。。

初めての秋薔薇で、しかも上手く咲くかどうかヤキモキしていた
私の悦びは大変なものでした。
この薔薇がきっかけで、本当に薔薇にはまってしまったのです。。

Sany0125
咲き始めのモナコ姫。

清楚な感じがします。。
初々しい少女のようです。。

Sany0151
もう少し開いてきたモナコ姫。真正面です。
なんて美人なんでしょう。

妖精のような。。

フェアリーに見つめられているみたいで、
こっちがドキドキしてしまいます。。

Sany0154 Sany0153


大分、開花してきました。
柔らかでなんとも言えない優しいピンクが美しい。。

ボリュームも出てきて豪華なんですけれど、
あくまでも可憐で清楚な艶やかさ。。

少女から大人の女になる時のような。。

Sany0142


ほぼ満開に近いです。
この豊満で柔らかな美しさ。。

どこか物思いに悩む、大人の女という感じの色香があります。

艶っぽいです。成熟した色香を周囲に漂わせています。。

こんな表情をされたら、こちらはもう堪らないですね。。

Sany0158


最後の写真は、じゃ〜ん!という感じです。
見て下さい。この大きさと迫力を。。

確か13cmくらいあったと思います。
この一輪だけでもう充分の豪華さなんです。

ここまで美しさを愛でることが出来て、
もう薔薇に夢中。。

その後は、花びらをポプリにして室内のあちこちに飾っています。
ポプリも考慮すると、半年くらい楽しめることになるのですね。

薔薇って凄い。
花びらになってもまだこちらを楽しませてくれて。。
ありがとね。(*^_^*)

| | コメント (10) | トラックバック (0)