Mini アンドロメダ

真冬なのに、まだ咲く薔薇

S__mg_4885
真冬の室内で、美花を披露するミニバラ

ミニ薔薇はとにかく偉い。。

真冬の寂しい時期に、まだひっそりと咲いてくれる。

といっても、屋外ではなく、室内での話。。

晴れた日は外で日光浴もしている。

こちらはアンドロメダ

まだ蕾があるので、もうちょっと頑張ってね。

だって、寂しくて切れないんですもの!

いつ剪定になるのかな?

いや、これぞ真の四季咲きのバラじゃ。

頑張るのだぞ〜!(鬼〜)

こないだは、ようやく石灰硫黄合剤を塗りましたぞ。

なかなか塗るのが難しかった。

というのも、新芽がもう出てるし、棘がいっぱいで。。

S__mg_4878
  真冬のラブリーモアちゃん

こちらも、蕾が沢山だったので可哀想だからと

室内に入れたら、どんどん蕾が付く。

新芽もどんどん出て来たぞ。

S__mg_4889
こちらは全体像

新緑が見事でしょ?

でも、寒いんですよ、外は。。

こちらは全く冬眠する気なし。。

花持ち、良すぎるかも。。一ヶ月は保っている?

それにしても初めてのミニバラの冬越え。

一体この子たち、いつ植え替えするの〜?

| | コメント (6)

運命的な、紅白の出会い

S__mg_2543_3
ある日のことです。

シックな赤のミニ薔薇ファッション王子と

色白のミニ薔薇アンドロメダ姫が

出会いました。

ゴージャスな美貌で名高いファッション王子は

自慢のビロードを艶やかになびかせて

どこに行ってもモテモテの色男。

純粋な乙女のアンドロ姫はもうびっくり。

どうして、こんなところにファッション王子が。。?

一体何をしにいらしたのかしら?

こんな所にこれほど美しい姫がいたとは。。。

S__mg_2550_2
百戦錬磨のファッション王子も

アンドロ姫の純粋な美しさと心地よい香りに

すっかり心を奪われています。。

アンドロ姫も初めて見るファッション王子の

豪華さに度肝を抜かれ、もうドキドキ。。

いきなりこんな近くで見つめられて

どうしていいのか、分かりません。。

S__mg_2542_3
「アンドロ姫、僕と一曲踊りませんか?」

「え?ええ。。で、でも。。。」

アンドロ姫は恥ずかしがって

顔を背けようとしました。

でも実をいうと、もうこの時、

二人の心は

密かに結ばれていたのでした。

S__mg_2546_2
めでたし、めでたし。。(#^.^#) 

紅白の王子と姫

幸せなカップルの象徴のようですね。。

今日もまた、二人は仲良く並んで

お花を咲かせています。。

我が家にも、そして皆様にも

幸せが届きますように。。。(祈)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ミニバラ アンドロメダ

Sany0030 Sany0001


神秘的なアンドロメダ

これもミニ薔薇ですが大輪です。
サイトで写真を見てから、どうしても欲しくなって
4種セットで買うことになったきっかけの薔薇です。
この薔薇のお陰で、同系列の素敵な3種とも知り合えたのです。。

僅かですが香もあります。ティファニーの方が香はずっと強いです。
花保ちもすごくいいです。いつまでも咲いていてくれます。

すごく神秘的な感じのお花です。

うちのカメラは白が苦手らしく、ほとんどピンぼけに撮れてしまい、
苦労してます。。よく見ると、微かにピンク色を帯びています。

お花も一輪ずつ違っていて、開花日数や日照時間、気温によって
かなり違う表情のお花が咲きます。

11個ついていた蕾が最後の方になると、緑色とピンク色を帯びてきて、
最後の一輪は、イングリッシュローズのような巻き巻きの大輪で
なんと杏色を帯びてきました。。

あまりに違うので、一体どうしたの?と思わず訊いてしまいましたよ。。(*^_^*)

Sany0024
↑皆さん通常通りに開花しています。綺麗です。。
アンドロメダという感じです。。

Sany0022

↑開花途中のアップです。少し緑がかった白です。ちょっと神秘的な感じ。。

Sany0028


↑全開するとこのように雪玉状になってきます。
花びらの数、130枚。。凄い。そして美しい。。

↓次が最後の一輪ですが。。
あれ? なんかいつもと違う。
蕾の時から全然違っていて、色が付いていたんです。
咲いたらこんな風に。。

Sany0025 Sany0048


謎の杏色っぽい巻き巻きちゃんになりました!
最後の一輪なのでこうなったのか、不思議です。。
でもこれはこれで豪華ですね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)