観光名所(神奈川)を巡ろう!

三渓園2 鶴翔閣 御門 白雲邸 「臨春閣」

 <三渓園1の続き>

古い建物をご紹介します

S_p1000844
鶴翔閣 (横浜市指定文化財) 延床面積950㎡

1909年建築 原家の旧宅

2000年に復元完了、現在は貸出施設

茶会や披露宴、祝賀会などに借りることができる。

S_p1000847
楽室棟 音楽鑑賞したというお部屋

眺めが良く、癒される空間

S_p1000851
客間棟

横山大観、下村観山らが滞在したという。

岡倉天心の要請により、原三渓は

日本美術院の画家たち「三渓園グループ」を庇護する。

横浜にあるとは思えない 緑溢れる 静けさ

S_p1000899
下村観山が描いたという、臥竜梅 

外苑の南側、林洞庵の近くにある。

滞在中の下村観山が この臥竜梅をモデルに描いた

「弱法師」六曲一双の屏風絵

東京国立博物館所蔵の 重要文化財となっている。

S_p1000853
書斎棟 当時は大池が一望出来たと言う。

現在は、木が茂っているため、池は見えない。

S_p1000854 S_p1000887
御門 京都東山の西方寺にあった薬医門 (横浜市指定文化財)

1708年頃の建築

内苑はこの御門から始まります。 貴重な古建築が多数ある。

S_p1000855
白雲邸 (横浜市指定文化財)

原三渓が1920年 隠居所として建てた。

19年間没するまで住んでいたという。

昔の電話室があった。室内はやや薄暗い。

南に面した書斎が、まるで昔の僧侶の方丈を思わせる造り

付け書院の原型とも思われる、窓に造り付けの長い机が印象的

ここで書きものなどをしていたのだろうか。

S_p1000856
漆のテーブルと椅子。

原三渓が創作したという。

椅子には畳が使われている、凝った意匠。

漆が艶やか 黒と朱の漆に金の装飾 高貴さが漂う

  S_p1000872 S_p1000886
内苑 一番の見所、「臨春閣」 (重要文化財)

数寄屋風 書院造り 3つの建物から成る。

1649年 紀州徳川家初代 徳川頼宣が別荘として建てる。

      有名な桂離宮とよく比較される。

1917年 移築 原家では「桃山御殿」と呼んでいた。

S_p1000869 S_p1000863 S_p1000868_2
   溜め息が出る程、建物からの景色が美しい。

    実に開放的な造りで、屋内でも爽やかな風が優しい

    どこからも極楽のような庭園の景色が眺められる

   自然の庭と建物が一体化している 日本建築ここにあり 

まるで絵巻物の世界に入り込んだようで、京都にいるような錯覚を覚えた。

京都二条城も、保存の為に閉め切っている あの窓を一斉に開け放ったら、

どんなに素晴らしいだろう。

S_p1000859 S_p1000860
  第一屋 「瀟湘の間」

波をかたどった欄間、狩野派による ふすま絵が見事

S_p1000861 S_p1000862 S_p1000864
第二屋 「浪華の間」

欄間に和歌を書いた色紙を入れ、

その隙間に菊の透かし彫りが入っている。凝った意匠。

ふすま絵は「芦雁図」狩野永徳 作

贅沢この上ない。

S_p1000865 S_p1000867 S_p1000866
第二屋 「住之江の間」

住之江(大阪)の風景で飾られた床の間

螺鈿が見事なサイドボード

この貝は朝鮮からの戦利品と言われている。

「住之江の間」の後ろ廊下には、

殿様の手洗いと浴室がある。

S_p1000870

S_p1000871
第三屋 上の写真左は二階への階段

club夏期に この御殿「臨春閣」はよく開放されているらしい。

関東にお住まいの方は 是非体験して欲しい

真夏でも広大な敷地の緑と大きな池のせいか、意外な程 涼しい

続きは、三渓園3にて。

 

| | コメント (0)

三渓園1 三重塔 蓮の池

 8月15日、横浜開港150周年記念企画で、普段は非公開の古建築全17棟

初めて一挙に公開というので、三渓園(神奈川県横浜市中区本牧)

に行ってきました。国指定名勝になっています。

S_p1000835
蓮の池から、三渓園のシンボル 三重塔を望む

♦三渓園は、原三渓(本名 富太郎)により、設計、造園された日本庭園です。

原三渓は、生糸貿易により富をなした実業家であるだけでなく、

美術、茶の湯の愛好家でした。

古典的建物や美術品の収集家であり、

若い芸術家を支援したことで、知られています。

S_p1000828
三渓園入り口 

アクセスはJR根岸駅から公共バスで10分、又はタクシー

横浜駅東口よりバス35分もある

貸し切りバスは前日予約必要。車は50台のみ駐車可能。

帰り、入り口外でタクシーが待っていた。

S_p1000830
175000㎡もの広大な敷地には、自然美を誇る 外苑と

歴史的建造物が庭園と調和した 内苑があります。

1906年 外苑は一般公開されました。

1945年 第二次大戦で甚大な被害を受け、

1953年 庭園の保存のために、財団法人三渓園保勝会に移譲されました。

1958年 原家の私庭であった内苑が復元の後、一般公開されました。

 

S_p1000841


大池から観心橋が見える

真夏なのに、水辺は涼しい。

鴨、鯉、亀がいる。鯉は人影で寄ってくる。

17棟の古建築物のうち、10棟が国の重要文化財に指定され、

3棟が横浜市指定文化財となっています。

内苑が特にお勧めです。

S_p1000833S_p1000840 S_p1000832 S_p1000838


蓮の葉が凄い迫力。

この池では、夏の時期、ザリガニ釣りができるので、子供が多い。

原三渓氏は、殊の外、蓮が好きだったということだ。

蓮華院というお気に入りだった茶室も建てている。

S_p1000889

京都旧燈明寺三重塔 (重要文化財) 

1914年移築

1457年の建築 関東では最古の塔

三渓園のほぼ中心に位置する 外苑の山の上に建っています。

この日は特別に中に入れました。

緑豊かで別世界のような三渓園ですが、

この高台から眺めると、周りに住宅やビルがぎっしりと

建っているのが分かります。下の園内からは、

広大な緑のお陰で、風情のない建物は隠されています。

高速道路が近くを通っていますが、

山がうまく騒音を遮っており 実に静かです。

S_p1000892
京都旧燈明寺本堂 (重要文化財) 

1981年 寄贈されて移築

1986年 修復工事完了 室町時代初期の建築

お堂内には、十一面観音様(複製)が

色彩鮮やかな春日厨子に奉られている。

pencil 横浜市内にいながら、様々な地方の古建築が見られて

さながら、屋外の日本建築美術館のようです。

続きは、三渓園2で。

| | コメント (0)

箱根の富士山、大湧谷

S_p1000094_2
箱根芦ノ湖と富士山

  S_p1000092

芦ノ湖を望む、成川美術館からの景色

富士山の絶景スポットです。

あいにくの曇り空ですが、絵画的な素晴らしい眺めに

思わず、溜め息。。

天気が良かったら、もう最高の場所ですね!

赤い鳥居は箱根神社です。日本画の展示も素晴らしく

カフェからの景色も絶景です。

S_p1000074_2

S_p1000078
こちら、芦ノ湖のほとりの、 鴨さんたち。

箱根プリンスの敷地内で撮影。

S_p1000081 S_p1000083  S_p1000087



箱根神社に行ってきました。鳥居が印象的。。

箱根はその昔、山岳信仰の霊地だったそうです。

757年、万巻上人が、現在地に里宮を創建し、

僧・俗・女の三体の神を、箱根三所権現として祀ったと言います。

宝物殿にて、木造万巻上人座像も見てきました。

その昔、芦ノ湖には九頭龍がいて、退治したそうですが、

後に九頭龍を祭って神事を行い、九頭龍神社もあります。

  S_p1000065
箱根の大湧谷です。

約3千年程前に形成されたと言われています。

昔は「地獄谷」と呼んだそうですが、

明治天皇がいらっしゃることになり、

急遽「大湧谷」という名に変えたらしいです。

天皇陛下を地獄にお連れすることは出来ないので。。(*^^*)

S_p1000061  S_p1000055
確かに、地獄という名前の方がぴったりの場所ですね。

もの凄い強風のため、2日ともロープウエイは停止。

大湧谷に登ることも、出来ませんでしたが、

遊歩道を少し探索。。道が真っ赤で、

なんか、別の惑星に来ちゃったみたいでした。

強風と寒さで、命からがら(本当です!)避難しました。。

S_p1000057


そして、延命のために、黒卵を食べました。(中は白ゆで卵)

一個で7年寿命が延びるとか。。

う〜ん、味は普通の、かたゆで卵でしたね。。(*^^*)

S_p1000034 S_p1000040
こちらは、ラリック美術館

ルネ・ラリックの作品が堪能出来ます。展示の仕方も素晴らしく、

お勧めのスポットです。

冬なのに、手入れの行き届いた芝生に感動。。

S_p1000041 S_p1000043_2
仙石原にある、洋館のイタリアンレストラン

アルベルゴバンブー

少々鄙びていましたが、のんびりと食事が出来て

美味しく、なかなか良かったです。

| | コメント (7)