観光名所(東京都)を巡ろう!

満開!千鳥が淵の桜

S_p1000336_2
本日、東京桜の名所、千鳥が淵、見事な満開!

まるで雪みたい。

人出も桜並み。。

お腹いっぱい、桜の花を見ました。

S_p1000326
お堀、桜、ボート

さぞかし優雅かと思いきや、多くの人の目に晒されて

皆のカメラに収まってしまう運命。。

S_p1000333
なんだかボートを見ていると

ちょっと可笑しい。。

ここで落ちたら、もう有名人。。
S_p1000342
ボートのいる風景

S_p1000315


淡い桃色、新緑、黄、紫

春だなあ。。

| | コメント (10)

今人気の、東京下町・谷中を散策

S__mg_7961_2
谷中のお土産、開運!招き猫ちゃんたち

かわゆい〜。。たまらん。。

谷中は猫の町。。これが私の印象。至る所に招き猫や猫の置き物がある。

もちろん、路地にも本物の猫が潜む。

「乱歩」という、江戸川乱歩好きのオーナーが営む

なんとも怪しげで居心地の良い、カフェにも猫がいた〜。

正真正銘の美人猫だった。コーヒー美味しかったです。

谷中という駅を探しても見つからない。。

というのも駅はないのだ。

最寄り駅は日暮里。ここから上野まで楽しく歩ける。

同じく通訳ガイドを目指す友人と共に出発!

S_d1000060S_d1000061
まず立ち寄ったのが、駅からほど近い、朝倉彫塑館

これが、凄い! 家自体が朝倉文夫氏の芸術作品になっているのだ!

しかしながら、写真撮影禁止。ご紹介出来ないので、

ご自分の足で行って下さい。ただし、木造住宅は修復中で見学出来ず。。

さらに2009年一月から4年間は全面修復工事に入るらしい。

でも朝倉氏のこだわりの迫力は、十分に伝わって来た。

かっこいいし、おしゃれだし、どこにもないような家。でも泊まってみたいような

居心地の良さ。。特に明るい日差しで満たされた、2階の朝暘の間はお昼寝にぴったり。

S_d1000062 S_d1000064 S_d1000065
とにかく意匠が凝っている。。大した邸宅である。なんという財力をつぎ込んだことか。。

この中庭も普通じゃない。スペイン風に言うパティオになっているのだが、

全部が湧き水の池の中。。

つまりお水がじゃぶじゃぶしている中に巨大な石や小さな島を造って

庭木を植えたり、歩けるように石を浮かせたりしている。。

そして静かである。風流な水の音が聴こえる。東京とは思えない。

S_d1000067
こちらは屋上

オリーブの大木が屋上に植わっている様を見て、あんぐり。。

至る所に彫塑作品がいた。ベランダのテラスのデザインはどことなく

ガウディしているし、不思議なおうち。

4年後の修復が完成した曉には、もう一度訪れてみたいものだ。

ランチの後は、谷中霊園にて、

ラスト将軍、徳川慶喜公のお墓を目指す。。

谷中霊園は広い。。お墓で迷子にはなりたくないが、

迷路のようだ。。

普通にあるのかと思ったが、やはり違った。将軍様のお墓は別格扱い。

塀で周りを囲ってあり、中に入ること叶わず。。

S_d1000069 S_d1000070

しかし、この三つ葉葵の家紋を見て下さい。

これぞ将軍家という感じがして、ぞくぞくします。。

にしても、慶喜公のお墓はかなり個性的。

今までに見たことのないようなお墓のお姿。。丸くてその、なんというのか

かまどのような、いや古墳のような。。徳川家のお墓の特色なのか。。

もう少し勉強せねば。。他の徳川家のお墓もそのうち訪ねることとしよう。


S_d1000068 S_d1000071 S_d1000074
S_d1000073


谷中、根津、千駄木辺りは、関東大震災(1923)も

東京大空襲(1944〜45)でも、運良く残った建物が多くある。 なぜだろう。

寺やお墓が集中していることと ひょっとして関係があるのだろうか。

なので、上のような昭和初期と思われる鄙びた建物が時々現れる。

左上は普通の民家らしく、洗濯物が見えた。

右上から下は、旧吉田屋酒店/下町風俗資料館付属展示場

無料だが、展示はわずか。。

S_d1000075 S_d1000076
こちらは、とんでもない所に来てしまった!という感じの

鄙びた、大名時計博物館の入り口。。掟と書かれた立て札。。

ここに至るまで迷いました。。あまりに見事に鄙びているので

入るのすら躊躇う程。。にしても、マニアックな場所である。

なんでも、江戸時代には大名お抱えの、御時計士というのがいたそうな。。

しかし!いまの太陽暦ではないのだ。

明治までは太陰暦(lunisolar calendar)でした。

だから、一日の長さが、季節によっても、場所によっても変わる。

一時間が冬は短くなったり、夏になると、長くなったり。。

農耕国になんとも適した暦であったことか。

しかし、そんな不定時なのに、時計?

どうやら、錘りでせっせと調節していたみたいなんです。

大変過ぎませんか、それって? 私には出来ません、とっても、、。。

で、当然正確ではなく、つまりその、お飾りみたいなものだったらしい。

だから芸術品としての価値がある。権威付けのためもあったようだ。

江戸時代にも、万歩計があったのにはびっくり!

それにしても、香盤時計を見て、気が遠くなる思いがしたのは

私だけか。。香の燃える速度で時間を計るななんて。。

別の次元で生きていたとしか思えない。。

大変だったんだなあ、時間を計ること自体が。。

でも正確に時間を知る必要が、ほとんどなかった暮らしというのが

羨ましい気もする。。(思わず、遠い目)

マニアの人でもない限り、行かない場所なんだろうなあ。。

それにしても、この辺り、寺院や墓地が密集しているんです!

なんだこりゃ!っていう位。。

京都や鎌倉だって、こんなにお寺はくっついてないぞ!

そして、石材店、墓石の。。が沢山ある。

そう考えると、朝倉文夫氏の傑作が、「墓守」だったのは、偶然じゃない。。

谷中霊園に、これだけの寺院や墓地。。

この土地柄ならではの、傑作ということなのかもしれない。。ふむふむ(独りで悦にいっている)

ギャラリーやアトリエも多い。芸大が近いこともあるせいか、

芸術家などの文化人が多く住んだ所。。そして、そのお墓が沢山ある所。。

ここは外国人に人気のある地区なのだそうだ。

普通の観光名所では飽き足らない彼らには、このちょこっと鄙びた日本が

素敵に見えるのかもしれない。

I love Japanの精神で、日本をもっと再発見していこう!

ガイドの勉強を始めてから、日本がだんだん好きになってきた自分がいる。

自分の生まれた国を好きになる、というのは、実に幸せなことだ。

ちなみに香時計というのは、現在でも販売している!のをネットで発見。。

これも驚き。。

なんか日本って、凄い国じゃない!と一人感心している次第。。

もう古くて、なんの役にも立たなそうなものと、超ハイテクが共存する国

それが我がニッポン国でありまするな。。(*^^*)

 

| | コメント (8)

旧古河庭園、六義園〜東京散策

S_d1000020
バラの庭で有名な、旧古河庭園

イギリス人建築家コンドルの設計による

大正初期の代表的な洋館と洋風庭園です。

JR 京浜東北線「上中里」駅から、

静かな坂道を上って、徒歩7分の高台にあります。

JR 山手線「駒込」駅からも 徒歩12分で

行けますが、大通りに面して車もやや多いです。

薔薇はまだほとんど蕾でしたが、

手入れの行き届いたバラ園には感心致しました。

満開時にはさぞかし素敵でしょう。

何度も訪れる人が多いのも頷けます。

S_d1000021
S_d1000019 S_d1000023S_d1000024
S_d1000026 S_d1000025

高台の洋館からは、ほとんど隠れて見えない所に

素晴らしい日本庭園があります。

木の生い茂った細い道を下った所に

日本庭園がひっそりと佇んでいるのです。

その繋がりがなんとも自然で、心憎い演出。。

高台に開放的に建つ洋館とバラの庭

その下に、隠れたように沈思する、日本庭園。。

かなり惚れました。。

まるでフランスジルベニーにある、モネの家みたいです。。

洋館と花束のような明るい庭に

隠れて見えない、瞑想するかのような、日本庭園。。

名作モネの睡蓮が生まれた所です。

こちらの古河庭園も、同じコンセプトで造られていると思いました。

陽と陰の対比が見事。。素晴らしいですね。。

S_d1000027
日本庭園への入り口は木で鬱蒼としており、

いい雰囲気。。

こちらの日本庭園は京都の名庭師・植治によるもので

細かな配慮や細部に至るまでのこだわりが

伝わってくる庭園だと思いました。

S_d1000032 S_d1000033 S_d1000035 S_d1000037 S_d1000038 S_d1000040


次は、同じJR駒込駅周辺にある、六義園です。

古河庭園から徒歩20分で行けます。

いわゆる大名庭園で、

回遊式築山泉水庭園です。

広い敷地に大きな池、広々とした空間が広がっています。

S_d1000011 S_d1000009 S_d1000016
外国人観光客も多く、賑やかな雰囲気。

周りのビルが見える所が、東京ですね。

街の雑音がやや気になるところです。

好みの問題ですが、茶庭や禅寺の庭が好きな私は

開放的な大名庭園よりも、

古河邸にある日本庭園の方に、より一層魅かれました。

しかしながら、東京にある日本庭園はやはり希少価値がありますね。

外国人観光客の方々には、六義園だけでなく、

古河庭園も是非見て欲しいですね。

| | コメント (10)

桜 in 皇居

S_d1000102
皇居のお堀と桜

絵になりますね。。

東京に用があって、帰りに竹橋で下車。

うららかな陽気に誘われて、ふらりと。。

D1000103
橋の上から一枚

今ちょうど、東京国立近代美術館で

東山魁夷展やっていますが、まさにそんな風情。。

S_d1000110
天守閣の跡地に咲く、堂々とした桜 D1000105_2
同じ桜の木、階段の途中で、パチリ

とても一本とは思えない迫力ですね。

たしかヤマザクラでした。


S_d1000109
皇居東御苑、面白い竹、がいる!

見よ、このウェーブを。。

大勢の観光客を眺めながら

ちょっとのんびり。

皇居というのは、不思議な空間です。

江戸時代からずっと日本の中心に位置しているせいか

ちょっと他とは空気が違っています。

凛とした感がありますね。

それにしても、皇居をぐるっと取り巻く

ビル群とのミスマッチがこれまたいいんです。

という訳で、結構、千代田区界隈歩くの好きです。

ちなみに今日は、東山魁夷展を観ようと思いましたが

混んでいたので、常設展のみを鑑賞。

今日は無料で開放していました。素晴らしいですね。

藤田嗣治や安井曽太郎の有名な作品が

無料で観れるなんて、日本もいい国ですねえ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)