« "The Book of Tea"was not a book of tea. | トップページ | 浅草寺ガイド、メモ帳 »

映画 『アバター』を観て

(内容についても書かれているので、映画を見る予定の方はご注意ください)

超久しぶりに映画館に行った。
タイトルの『アバター』を聞いただけでは、あまり見る気が起きなかったのだが、
実際は、タイトルから想像していたのとは、かなり違っていて、子供にも見せられる、
上質のファンタジーに仕上がっていた。

3D映画初体験、始めのうちは目が慣れずに、かなり違和感があったが、やはり迫力満点。
字幕が妙に浮いてしまっていたが、まだ発展途上なので仕方あるまい。

映像美を心ゆくまで、堪能するには、2千円を払って3D映画館で見るしかない。その価値有りと私はみた。とにかくこの映画の醍醐味は、映像美である。

内容に関しては、私の好みのお話ではあるが、
正直な所、日本のアニメの影響が大きくはないだろうか。

宮崎駿作品、特に『風の谷のナウシカ』 『もののけ姫』とそっくり?と思わせるキャラクター、設定、ストーリー展開。(木の精などが特にその代表)

主人曰く、『未来少年コナン』のコナンと同じ動きだよ。さらに『攻殻機動隊』 『エヴァンゲリオン』の影響もある?

逆に言うと、日本のアニメの影響はもの凄いということだ。

この映画を見て、日本アニメは実に大したものだと感心したのは、私だけか。

映画では、対比が上手く使われている。ナヴィとその森は世にも美しく描かれるが、
人間の住む基地は、悲惨で心も醜く、描写されている。

主人公は、醜い状態から始まり、浄化されて、次第に変貌を遂げる。
実に爽快なイニシエーション ストーリーにもなっている。

インディアンがモデルになっていると思われる ナヴィの人たちとの戦いぶりを見て、
やはり『ダンス ウィズ ウルヴス』を彷彿しない訳には行かないが、

痛快なのは、超文明と自負している人類(西洋文明)が、

軽蔑かつ搾取しようとしている、太古原初的ナヴィ(東洋文明)に

破れてしまうところである。

西洋を代表する所のハリウッドが、こんな結末を用意するのだから、
時代も変わったものだ。一東洋人としては嬉しいところである。

また この映画は、実に東洋(概念)を彷彿とさせる。

神道に関するものを調べ始めて、日本人がいかに自然崇拝をしてきたか、

というのを実感するばかりなのだが、映画にて、世にも美しく描かれているナヴィの人たちの生き方は、

日本人の神道を彷彿とさせる。

日本には一体、御神木がどれほどあることか。
あらゆる自然物に神を見出し、崇めて来た太古の日本人はナヴィに負けないくらい、スピリチュアルだったはずだ。

命がけで神の棲む山に登り、神社を建て、修行に励んだ山伏たちに思いを馳せてみよう。
ナヴィは先祖崇拝だが、日本人もしかり。日本にはおびただしい数の伝説があり、神秘に溢れている。

人間の基地で、ナヴィの人たちの価値観を説明する時、その神秘で未知のものに対して、 "deity" という単語を使っていたのを 私は聞き逃さなかった。

なぜなら、英語で日本文化を説明する際に、この"deity" という単語は

なくてはならない必須の単語だからである。

ハワイの先住民たち、アメリカ先住民たちも、

驚く程、日本人と共通の価値観を持っている。

彼らも自然を敬い、共存することを第一にして生きて来た人たちだ。

フラダンスがこれほど日本で人気を博しているのは、根っことなる部分(自然崇拝思想)が共通しているからではないか。

日本は明治維新以後、すっかり中身まで西洋化したように見えるが、果たして本当にそうだろうか。

最近、逆戻り現象をよく目にする。 新しい物好きで、プラスになると思われるものは躊躇わず接種する、なんとも柔軟で、逞しい国民性を持つ日本人であるが、

方向転換するのも、これまた速い。近年の日本的なものに関するブームはその一環ではないか。江戸、仏像ブームなど。

世界は刻一刻、変わりつつある。

自然環境保護、共存、共生を目指す世界には、

映画のナヴィの人たちのような、心の在り方がふさわしい。

だからこそ、監督は、主人公ジェイクを ターザンのように、

西洋文明に返すのではなく、

ひとつの理想の生き方として、ナヴィとなって、

パンドラに残る方を選ばせたのではないか。

タイトルは 『ナヴィ』 の方がずっとぴったり来ると思うのだが、いかがなものか。

そういえば、『ラストサムライ』も似たような構造を持つ。

ミイラ取りがミイラになってしまうのだが、
あの映画では、日本人の暮らしがまるで桃源郷のように 美しく描かれている。

それに魅せられた トムクルーズ扮する西洋人は、
身も心もすっかりサムライになって、共に戦い、命を散らすのだ。
まるで主人公ジェイクのように。 (ジェイクは死なないが)

東洋的なものと 西洋的なものが、衝突し、

ただ一方が 破壊されてしまうのではなく

融合し、共存していける道はきっとある

と、私は信じている。

|

« "The Book of Tea"was not a book of tea. | トップページ | 浅草寺ガイド、メモ帳 »

本、映画の紹介」カテゴリの記事

コメント

久々のぶろぐ、ご意見、全く同感です。さて、映画俳優さんのせりふ、全て、聞いて、即 お解りの事と存じます。
 
 羨ましいですね。集中と勉強、進んでいるのですね。英文に熟達、羨ましい。なんとか、ネイティヴに近づいていく。その過程の学習は幸福でしょうね。

 一面、ヨーロッパ文明中心の彼等の自信、この現象は、人情から云って(人の性癖として)、当然、西欧人としては、そうなってしまうものでしょうか。(ヘンな話ですが、日本の西洋史専門の大学教員には、その昔、自らは日本人でありながら、公然と、アジアを二流の文明と見下した、大学教員も居ましたよ、) 
 そう考える西洋の人が居るとたら、才能に限界のある人なのでしょうね。若しくは、経験不足というか。

 尤も、人間の精神世界は実に広い、一つの領域を極めるのも、大変な学習が求められる。
 で、学習領域は、特に我々東洋人としては、東西文明に精通したい。大変だけど、期待感と活動への意欲は楽しいものですね。むしろ、幸福でもあります。意欲を高めて、精進する。楽しいですね。

 老人の所感でした。

 

投稿: 白頭翁(旧鉄路の白薔薇?) | 2010年2月 5日 (金) 20時42分

sun白頭翁さま
お返事が遅くなり、ごめんなさい。お久しぶりです。スキーに行っておりました。
いつも嬉しいコメントを頂いて、勇気づけられております。有り難うございます。
ネイティブに近づく道はまだまだですが、一度始めたら止める訳には参りませんね。筋肉トレーニングと同じで、さぼると、たちまち落ちてしまいますから。なんでもそうですが、続けることが一番大切ですね。

最近、アジアブームですね。というより、日本ブームかな。喜ばしい限りです。
本当に不定期ですが、今後とも宜しくお願い致します。

投稿: ムーンちゃん | 2010年2月 9日 (火) 00時05分

私も見て、現代人への警告だと思いました。
(^_^;)

http://rakusen.exblog.jp/12208821/

投稿: 服部順治 | 2010年2月28日 (日) 02時15分

はじめまして☆やっとのことで観てきました〜!

二足歩行のアイツは、『ガンダム』?
いや、『ガサラキ』のTAの方かな? そっくりだったし。
そしてアフリカ大陸の歴史を彷彿とさせるようでもあり…。
スピリチュアルな世界を排除すると、
それはシェル・シルヴァスタインの絵本『おおきな木』のようでもあり…。

ほんと「アメリカ版、3D版、もののけ姫?」・笑
でも、”Alien”達が最後ナヴィから撤退、排除されていくところが、
「共生」ではないところが、う~ん… やっぱりアメリカ~!

映画を観た直後は「!」って思っても、
所詮人間は突き進むしかなくて、すぐ忘れちゃって、
結局、なぁ〜にもわかっちゃいないのかな、と思うと…。
そして、この映画を観て初めてこの類いのストーリに触れる人も、
おそらく世界には大勢いるんだろうななんて考えると…
なんだか涙が止まりませんでした。

せめて、庭に植えられている木は、大切にしま〜すっ!!(^_・)ゝ~~★

投稿: ガァーコ | 2010年3月14日 (日) 10時44分

sun服部さま
ツイッター、有り難うございます。確かに、警告ですよね。
sunガァーコさま
興味深いコメント有り難うございます。私も実は涙してしまったくちです。

投稿: ムーンちゃん | 2010年3月15日 (月) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« "The Book of Tea"was not a book of tea. | トップページ | 浅草寺ガイド、メモ帳 »