« 上高地、神秘の池 | トップページ | "The Book of Tea"was not a book of tea. »

『何故日本人は優秀な人々なのか』

S_dvc00001_2
アメリカ人による、好意的な日本人論

Why the Japanese are a Superior People!

著者は Boye Lafayette De Mente

日本在住の経験と、上智大学でも学んだことのある

日本に関する著作が驚く程多い 著者である。

あまりに面白いので、一気に読んだ。

日本人が超右脳人間である、という脳科学者の発見を元に

なるほど!と思う説明が続く。

日本人は、なぜこういう風な行動をとるのか?

という根本的な説明が、社会、歴史、心理的根拠を元に

分かりやすく展開されており、これは日本人にとっても実に有益な著書である。

日本人がなぜ英語の習得に苦労するのか?

日本語は右脳で処理し、英語を使う時には、わざわざ!左脳にスイッチしている、

という驚くべき事実。複雑な漢字を習うことにより、

手先の器用さ、忍耐力、形状認知力が

抜群になったという説明には目から鱗。

言葉がそれほどまでに人の能力に作用するのか、と驚く。

日本語を使い、日本的な振る舞いが身に付いてこそ、日本人になるのである!

母音ばかりの日本語は右脳で、まるで音楽のように認知されているらしい。

それによって、日本人は世界でも稀にみる、驚異的なまでの、「右脳人間」に

なり得ているというのだ。

またそれが、日本人のあらゆる成功の秘密と繋がっているという論調が

全体を貫いている。他にも、日本人特有の事柄についてのエッセイが

盛り込まれ、極めて興味深い。

日本人を自分でよく理解してこそ、外国人との接し方が分かるというものだ。

これはガイドに携わる人だけでなく、外国人と接することの多い人にもお勧めの

大変読みやすい(字も大きい)英文による本である。

|

« 上高地、神秘の池 | トップページ | "The Book of Tea"was not a book of tea. »

本、映画の紹介」カテゴリの記事

コメント

興味深いですね。
日本人の行動や習慣について聞かれても、とっさに答えられないコトってありますけど、そういう本を読んでいろんな視点から考察してみればいいのかな。
日本に精通した外国人が、客観的に日本を分析してるのは面白いですね。私も読んでみようかなと思いました。

投稿: Maki | 2009年9月16日 (水) 20時34分

sunMakiさま
ガイドには相当有益なことが色々と書かれてあって、中には?と思うものもありますが、それも外国人にはそう思えるのか、と参考になります。他の著作も2冊注文しちゃいました!

投稿: ムーンちゃん | 2009年9月17日 (木) 12時19分

英文をすらすら読みこなす。通訳万能、女性、すばらしい。羨ましい。
 
 さて、DeMent氏の著書、日本人が漢字の学習を通じて、手先器用、視覚能力が優れているとのおほめの言葉、なるほどと気が付きました。日本語にも堪能な、親日的な方ですね。これからは、ますます国際的な時代に入りますネ?
 
 さて、語学学習には、以前に、oral method
が重視され、文字を見てはダメ、耳からだけ入った言葉が大切、文字を見るな云々と主張されました。勿論、言葉は、耳からが基本、文字は二義的なものかもしれません。しかし、視覚の力、書き取りの楽しさ、生徒は書き取りが好きですよ。
 
 これは、頭脳的でしかも肉体的な快楽でもありますね。言語領域の重要な一分野ですね。但し、世界各地、文字が登場したのは、人類歴史上、比較的新しい事件らしいですね。
 
 それで、漢字は、又、特別に美しい文字、アルファベットよりも更に、肉体的なものでしょうか? 本来、象形文字から出発しましたから。
 
 さて、言語一般に戻ると、幼児にとって母語(ネイティヴ)とは、人間本来の、偉大な頭脳の基本ソフトで、自然に言葉を覚えてしまう、二三歳までには。これは神秘ですよ。食べたり歩いたりと同じで。やはり、外国語学習の基本は、聴き取りから脳内ソフトを磨く事でしょうか。何回も録音を回して、聞き取れたときの快楽は非常に幸福です。

投稿: 白頭老人 | 2009年9月19日 (土) 10時33分

sun白頭老人さま
とても深い洞察力、素晴らしいです。大変興味深く拝読致しました。日本人は文字を読むのが大好きな国民だと思います。。近頃、お笑い番組でも字幕が出ますよね。文字で確認して、笑いを楽しむ訳です。単に聴力うんぬんだけでしたら、あれほど広まらないと思います。(o^-^o)

また、日本語はマスターしさえすれば、速読が可能。これは強みですよね。アルファベットだとこうは行きません。最近、日本語は素晴らしいと思う次第です。
アルファベットばかり見ていると、なんだか寂しい気がしたりします。海外の本屋などで。。(笑)。

投稿: ムーンちゃん | 2009年9月21日 (月) 20時28分

ムーンちゃん 
ご無沙汰しております
バラも色に深みが増して来ましたね。秋を感じる一つでも有りますね。

さて、突然では有りますが、当ブログを閉鎖(休眠)させて頂くことにしました。
長い間おつきあい頂きありがとうございました。
ブログは閉鎖しても、こちらには遊びに来させて頂きますので、宜しくお願いします。

バラ族は、続けます。私の癒しの一つですもの(*^_^*)
ムーンちゃんのバラ画像を見せて頂いて、またうっとりと癒してもらいに来ますね(*^_^*)
では~

投稿: reiko | 2009年10月15日 (木) 15時39分

★reikoさま
お返事遅くなりました。そうですか、とても残念です。。ご丁寧にご連絡有り難うございます。時々思い出したら、遊びにいらして下さいね。色々と有り難うございました。

投稿: ムーンちゃん | 2009年10月20日 (火) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上高地、神秘の池 | トップページ | "The Book of Tea"was not a book of tea. »