« 世界遺産 姫路城 | トップページ | 瀬戸内海の景色 »

世界遺産 宮島 厳島神社

S_sany0018
世界文化遺産 宮島 厳島神社

海に浮かぶ、有名な朱塗りの大鳥居

のはずが、、海水がない〜!!

引き潮だったのです。。ショック。。

S_sany0006
ホテルから8:30の高速船に乗り、

宮島を目指す。。これが宮島か。。

S_sany0009
神の島 宮島 日本三景の一つ

岩肌が見えるその風貌は、

確かに他の島とは一線を画していました。

神秘的な感じがするのです。。

前日に「しまなみ海道」(じつに素晴らしかったです!)を

広島県の尾道から、四国の今治まで往復して、

瀬戸内海の沢山の島を見てきましたが、

宮島は少し他とは違っている!

と船から見て思いました。

S_sany0033
これは何でしょう?

まるで鏡に映っているかのような。。

これは、厳島神社の大鳥居を

真下から見た図

引き潮でないと、こんなお姿は見れませんって!

S_sany0039
海から見た、大鳥居

これも引き潮ならではの一枚

それにしても、立派な鳥居ですね。

S_sany0040
鳥居の向こう側にアオサギがいました。

実に美しい光景です。。

鳥居の下には貝殻が沢山。。

ヤドカリもいっぱい。。

貝殻を少し拾ってきました。

S_sany0056_2
こちらは厳島神社

遠くに、鳥居が見えます。。

なぜ、わざわざこんな海に張り出した所に、

神社を造ったのでしょう?

お土産を買った時に教えてもらいました。

それは、ここが本当に神の島だったからだそうです。

神聖な島として、島そのものが信仰の対象であり、

島に神社を建てることすら、畏れ多いことだった。。

なので、島の手前に神社を建てたという。。

日本人というのは、元々信仰に厚い民族なんだと思います。。

現在でも、田畑やお墓は宮島には一切ないのだそうです。。


S_sany0070_2
田畑を作れないことから、困窮した民を救ったのが、

宮島で有名な「杓子」

琵琶を形どったものなのだそうです。

これは、ただの「しゃもじ」ではなかったのですね。。

寛政の頃、博識の高い「誓真」という僧侶が、弁財天の夢を見ました。

その手にされた琵琶の形の美しさを杓子に写して、

ご神木でそれを作ることを島の人々に教えたそうです。

以来、宮島の杓子は「飯とる、掬いとる」ことから、

幸運を「召しとる、すくい取る」と謂われ、

全国的に有名になりました。

またそのお陰で、田畑を持てない宮島の

困窮した民の生活をも潤ったということです。

 

S_sany0055_2
朱塗りの柱の重なりが、実に美しい。。

熱中症にかかりそうなほどの、真夏日でしたが

神社内は心地よい風が吹き抜けて、涼しかったです。

一方通行でした。

S_sany0072
宮島には、鹿が沢山いました。

奈良公園と違って、餌を一切禁じているせいか

とてもお行儀の良い、可愛らしい鹿さんたちでした。

聞くと、古来から宮島には鹿が棲んでいるのだそうです。

奈良の春日神社でも、鹿を神の使いとしていることが

思い出されました。

鹿と神社というのは、深い繋がりがあるのかもしれません。。

以上、宮島レポートでした。

|

« 世界遺産 姫路城 | トップページ | 瀬戸内海の景色 »

観光名所(全国)を巡ろう!」カテゴリの記事

コメント

さすが世界遺産、行ってみたいです。
引き潮とは残念でしたね。
厳島神社といえば、海に浮かぶ社のイメージがありますもの。
でも、貴重な体験だったかも知れません。
神社は特に好きなので、ため息でした。

投稿: 琳々 | 2008年7月16日 (水) 20時50分

私は宮島も行ったことないのですが、こちらもムーンちゃんの日記で楽しむことができました。
どちらも天気が良くて(暑かったかもしれませんが)よかったですね。
厳島神社は、いつも台風の被害にあって大変とニュースになりますね。
修理が大変だろうなあと思っていました。
日本人は、昔は信仰深かったのですね。とても大きな鳥居にびっくりです。

投稿: オサコ | 2008年7月16日 (水) 20時50分

cherry琳々さま
引き潮になると、まさかここまで水がなくなるとは思っても見ないことでした。。なので、唖然。。
水があるとばかり思っていたので。。
なので、行かれるときは、満潮の時刻を狙って行って下さいね。神社が好きなのでしたら、宮島はなかなか良い所です。

投稿: ムーンちゃん | 2008年7月16日 (水) 20時58分

cherryオサコさま
確かに、台風が来たらさぞかし大変だろうと思います。
しかし、引き潮になると、人が歩けるので、観光客がうろうろしておりました。そして、海底をお掃除もするのですね!なるほど〜と思わず唸りました。。
それにしても、熱中症にかかりそうなほどの、猛暑でした。かなり暑いので、行かれるときは涼しい時期を選んだ方が良いかもしれないです。。(*^^*)
水がなくても、鳥居は立派に見えました!

投稿: ムーンちゃん | 2008年7月16日 (水) 21時03分

宮島も世界遺産なんですね。

九州への行き帰りに、あちこち
寄るので、宮島も干潮のときも満潮の時も
行ったことあるけど、不思議ですよね。

メンテナンスも大変でしょうね。
台風の時期に、床板はずしてる映像見たことありますよ。

私達は朝一番の船で、宮島に渡ったんですが、その時の朝日が最高に素敵でしたよ。

投稿: みーちゃん | 2008年7月16日 (水) 22時47分

cherryみーちゃんさま
みーちゃんさまは、本当に色々な所に出かけているのですね!
国内でこれが良かったというのがありましたら、
是非教えて頂きたいです。
宮島はやはり満潮の方がいいのでしょうね?
やっぱり。。(*^^*)

朝日が昇る時に、宮島に行くなんて素敵ですね。。
もしまた行く機会があったら、満潮時の朝一を狙いたいです!

投稿: ムーンちゃん | 2008年7月16日 (水) 23時44分

 ムーンちゃん、宮島観光、良かったですね。私も、25年も前、行きました。神秘な山、神社の後ろの松の山は、弥山(みせん)と呼ばれると聞いた覚えあります。鹿達も松の木蔭におとなしい。
 平家一門の栄華と没落を偲ばせる、優雅な朱塗りの回廊、華やかな平安文化、昔を思い出させてくれました。
 先の姫路城も、見事に的確な、説明とご案内、お礼申し上げます。
  七月十八日  白頭翁記

投稿: 鉄路の白薔薇 | 2008年7月18日 (金) 08時30分

cherry鉄路の白薔薇さま
四半世紀前に行かれたのですね!
私が行ったときは、お土産屋や旅館なども建っていて、かなり観光化が進んでいる様子でした。。
でもきっと昔はもう少し静かな場所だったのでは、、と思いました。
なにしろ猛暑だったので、あまりゆっくりとは出来ませんでしたが、一度は訪れたかった宮島に行くことが出来て、良かったです。

投稿: ムーンちゃん | 2008年7月18日 (金) 10時09分

四半世紀も、つい昨日のことの様な気がします。そのときも、お土産さん、日本旅館、神社までの道路に沢山並んでいました。宮島は、しっとりと美しい島、日陰の多い。今も変らないでしょう。
   七月十八日   白頭翁記す
 

投稿: 鉄路の白薔薇 | 2008年7月18日 (金) 18時51分

cherry鉄路の白薔薇さま
そうでしたか。。当時もお店などが建ち並んでいたのですね。。しかし、行った時間が悪かったのか、日影は少なかった気がします。。もう暑くて。。。外国人の姿も目立ちました。国際化しているのですね!

投稿: ムーンちゃん | 2008年7月18日 (金) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界遺産 姫路城 | トップページ | 瀬戸内海の景色 »